忍者ブログ
松下 仁

1982/03/27
役者

劇団 ひょっとこ乱舞 所属
VIVIT(ビビット) 所属
公演情報
NEW

ひょっとこ乱舞第25回最終公演
『うれしい悲鳴』
作・演出 広田淳一
@吉祥寺シアター
2012年3月3日(土)~3月11日(日)
チケット3200円ほか
http://hyottoko.sub.jp/

ご予約はこちら


<過去出演>
NHKハイビジョン特集ドラマ
『生むと生まれるそれからのこと』
バーコード
リビドー
松下仁のブログです 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人と関わると言うのはなんとエネルギーのいるものか。
自分の人生を振り返っても一切そんな関係を築いた事はない。過言ではなく。
だって「知らない」のだから。知らないという事を知った。

そう言う事の出来る人と言うのは確固たる「自分」というのがあるんだろう。単純に強気だったり負けん気だったり。
よくそんな状態で生きていられもんだ。よく耐えられるもんだ。

僕は弱い。あまりにも弱い。その事を再確認した。
はぁ面倒くせーな~
PR

稽古が深夜からになりました。
出先だったので家に戻るのも面倒臭くサンプラザ前で寝てみる。
意外に多くの同年代が寝ていて安心。

今日は熱帯夜ではないみたいで夏の涼しい風がとても心地良く、中野の喧騒が心地良く。

凄く気持ちいい。
夏ですね~
旅したい。




画家の小林さん宅へ新作の絵を見に行って来ました。
正直今で見た中で1番好き。
水がとても良い。


小林さん宅は山奥にあります。
木の匂い土の匂い、夏の空気。夏の夕方の雰囲気。心地よかった。
岡山県の成羽を思い出す。
お墓参りしたな~
灯籠流したな~

やっぱ山はいい。

たくさんのご来場本当にありがとうございました。
賛否両論あるかと思いますがお客さんにも楽しんで頂けたのではないかと個人的には思っているので嬉しい限りです。
やはり観てる人が楽しんでる舞台をやるのが一番心地いいですね。
当たり前か。

さて、ガスを止められ水風呂生活を送ってましが脱出です。
金を払いに行ってきます!

初日を終えました。

いや~助けてもらえるもんだ。
人がいると言うのは凄い。なんか個人的にはスッと舞台に立てた。
昨日までの恐怖が嘘のよう。

見たら元気になれる作品になってますんで是非見に来て下さい!
| 前のページ | top | 次のページ |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
最新CM
[10/12 NONAME]
[01/18 松下]
[01/17 A]
[10/14 松下]
[10/14 たけした]
忍者ブログ [PR]
  /  Design by Lenny