忍者ブログ
松下 仁

1982/03/27
役者

劇団 ひょっとこ乱舞 所属
VIVIT(ビビット) 所属
公演情報
NEW

ひょっとこ乱舞第25回最終公演
『うれしい悲鳴』
作・演出 広田淳一
@吉祥寺シアター
2012年3月3日(土)~3月11日(日)
チケット3200円ほか
http://hyottoko.sub.jp/

ご予約はこちら


<過去出演>
NHKハイビジョン特集ドラマ
『生むと生まれるそれからのこと』
バーコード
リビドー
松下仁のブログです 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久しぶりの更新です。

フェニックスプロジェクトと言うものに参加しました。震災被災地の舞台芸術家を支援しようという企画でひょっとこ乱舞としても新作の朗読劇を上演したんですが、僕はやはり広田淳一の距離感が好きですね。そう思います。あと久しぶりの舞台だったんですが、いや~感覚が鈍るとは言われますけど、ありゃホンマですね。いやはや…
PR

終わりました。
だいぶ遅くなりましたがご来場いただいた皆様ありがとうございました。

何はともあれ本公演もティーパムも精算会も終わりました。本公演は来年までありません。
約1年空くわけですがこの時間を有効に使えたらと思います。

二十代最後の年です。

好評を頂いております「ロクな死にかた」間もなく終演します。
これが終わるとひょっとこ乱舞の本公演は来年までありませんので是非いらして下さい!

見終わった時にはブルブルっと震えるはずです!

自分の動き、というのを見つけたい。僕の感覚と体の感覚が求めるものを見つけたい。

大駱駝艦を見て来た。とてもワクワクしました。少し映画リングの貞子っぽくて怖かったけど凄まじい集中力と足で地を握る力強さ。故に足裏から上はとてもしなやかでした。ああ、なるほど~柳だわ。だから柳に惹かれたのか。

あと野球だよ。ショートだよ。舞台をグランドのように動いてみたらいいんじゃね?

あとは前じゃなく後ろだよ。背筋ピーン。
たぶん。
 

柳のように生きたい。
柳のように生活したい。柳のような演技したい。

柳に惹かれます。
| 前のページ | top | 次のページ |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
最新CM
[10/12 NONAME]
[01/18 松下]
[01/17 A]
[10/14 松下]
[10/14 たけした]
忍者ブログ [PR]
  /  Design by Lenny