忍者ブログ
松下 仁

1982/03/27
役者

劇団 ひょっとこ乱舞 所属
VIVIT(ビビット) 所属
公演情報
NEW

ひょっとこ乱舞第25回最終公演
『うれしい悲鳴』
作・演出 広田淳一
@吉祥寺シアター
2012年3月3日(土)~3月11日(日)
チケット3200円ほか
http://hyottoko.sub.jp/

ご予約はこちら


<過去出演>
NHKハイビジョン特集ドラマ
『生むと生まれるそれからのこと』
バーコード
リビドー
松下仁のブログです 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「サマーウォーズ」「沈まぬ太陽」「スラムドッグミリオネア」って映画を観ました。

最近の自分にとっては何かを思わせる作品でして、今日、ひょっとこWEB担当の遠藤君と話す機会があり、その何かを話している間にモヤモヤしていたものが固くなりそうな気がしたんです。だからちょっと書いてみます。


自分は恥ずかしながら「こうしたい!」みたいな欲をあまり持ってないんです。
考えてこなかったと言うほうがいいかもしれない。ただ今の場所では考える機会があったというか与えられてきたというか。で、どうしたいのかってことをずっと空想してきたんです。まぁ役者としてってことなんですけど。

その時たどり着くのは、必死に生きている人を見ると感動するってことが多くどうやら、生きる、ってのがキーワードらしい。そんな下地があって、群馬に行き、悩み、静けさの中の音に気づき、光や風を味わい、それを自分は好きだとジックリ見つめることができた。
僕は普段から空を味わい風を聞き、日常の音を聞いていた。わざわざipodを止めてその音を聞きたいと行動していた。聞きたがっていた。
何かが生きてるいことを感じられたからなのか…

ただただ日々を生き抜くことだけで精一杯な世界もある。スラム街とか怖ーし汚ねーし殺されるし。キツイ。
何がしたいか、なんてことを考えるってこと自体贅沢なことだと思う。、この贅沢さが安全な現代の日本で生活しているってことなのかな。
なんかそんな思想があるらしいですね、人、モノ、金だけでは通用しなくなってきた、みたいな。遠藤君が言ってました。
あと
PCの世界ってのを描く人が思いのほか多いですね。正直、なぜそこに目がいくのよくわからなかったんです。
ただ、パソコンを使う頻度の差ってのもあるんでしょうけど、そう言う題材を選ぶのはとうの昔に生きることについて考え、現代に生きている実感を持っていたからなんでしょうね。
主宰の広田さんが「日本と言うのも1つのフィクション」とボソッと言ってて、その時僕はよくイメージできなかったんです。でも今ならなんとなくわかる気が。
どこかの誰かがこうしようかつって村ができ町ができ国ができただけ。
テレビも電車も会社も洋服も意味ないんだ、いや、あるよ必要だよ、楽しいし、恩恵を受けてる。

山の中の美術館で味わった静けさってのは現代の人間、自分に、生きる本質を諭してくれるんじゃないと思う。
だから「沈まぬ太陽」は衝撃だったです。
まさにその事を言っていたから。
これだって思った。
何かしてみたいことは、農業してみたい、アフリカに行ってみたい、旅をしてみたい、と思う。

実際はそんな良いもんじゃないだろうと想像はできる、でも、そんな実感を自分の中に見つけたのは収穫、実感は大切。

んー何も言えてないなぁ。同じことを繰り返している。
だからどう生きるんだよ。
んー必死で生きるに感動ってやつの必死がとれて、言葉のイメージの裾野が広がったって感じかな。
なんじゃ?

 

PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
| なんだろうな。 | top | 沈まぬ太陽 |
| 33 | 32 | 31 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 | 25 | 24 | 23 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
最新CM
[10/12 NONAME]
[01/18 松下]
[01/17 A]
[10/14 松下]
[10/14 たけした]
忍者ブログ [PR]
  /  Design by Lenny