忍者ブログ
松下 仁

1982/03/27
役者

劇団 ひょっとこ乱舞 所属
VIVIT(ビビット) 所属
公演情報
NEW

ひょっとこ乱舞第25回最終公演
『うれしい悲鳴』
作・演出 広田淳一
@吉祥寺シアター
2012年3月3日(土)~3月11日(日)
チケット3200円ほか
http://hyottoko.sub.jp/

ご予約はこちら


<過去出演>
NHKハイビジョン特集ドラマ
『生むと生まれるそれからのこと』
バーコード
リビドー
松下仁のブログです 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プラスチックレモンの時、チョウさんが舞踏の先輩に言われたんだと教えてくれた
「ただの2拍の1歩でしかない」
ということ。
もっと自由に、異次元に飲み込まれる体はどんな感じか想像するとただの2拍ではなくなる、と。その事が妙にワクワクして楽しそうで参考にしていました。


ロクな死にかたの時にレールの様な装置の上に立って1歩踏み出す場面があり、その事を意識して立っていました。けど人に、中身はあるからそれはもういい。けど200人に見られる体ではない。見られているんだという覚悟が体に無い、と言われました。目から鱗です。確かに、よくよく思い返してみるとそうです。バランスの取りにくい場所であるとかカウント、状態に集中していた。いや見られている事も痛いほど感じていた。けど体にまで発展させられていなかった。知らなかった。

チョウさんに着地して歩き出した瞬間が1番印象に残ったと言われたのが今なら分かる気がします。
その後はただハケルだけだったのである意味、力も抜け満ちた状態だったのだと思います。

今更ですが舞台に立つというのはそれだけで見せものなんだなと。体を使って空間に彫刻していくのか。
PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
| 満ちた状態 | top | お久しぶりです |
| 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新記事
最新CM
[10/12 NONAME]
[01/18 松下]
[01/17 A]
[10/14 松下]
[10/14 たけした]
忍者ブログ [PR]
  /  Design by Lenny