忍者ブログ
松下 仁

1982/03/27
役者

劇団 ひょっとこ乱舞 所属
VIVIT(ビビット) 所属
公演情報
NEW

ひょっとこ乱舞第25回最終公演
『うれしい悲鳴』
作・演出 広田淳一
@吉祥寺シアター
2012年3月3日(土)~3月11日(日)
チケット3200円ほか
http://hyottoko.sub.jp/

ご予約はこちら


<過去出演>
NHKハイビジョン特集ドラマ
『生むと生まれるそれからのこと』
バーコード
リビドー
松下仁のブログです 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人や集団の空気、その時の音(建物の軋みとか)
から影響されて動くのは楽しい。
受け取れた時も受け取れなかった時もそれぞれ楽しい。
音楽を聞いていて動きたくなりはするけどなんか窮屈。リズム感がないからかな。音楽の場合は滲み出るもんが一定になっちゃうんだよ。苦手意識か?
音楽かぁ…
リズムにしろカラオケにしろ「楽しさ」をだいぶ損している。ちくしょー。



人に踏み込めない。
踏み込めないって言うとちょっと聞こえはいいけど単に怖いだけ。臆病。
臆病ってだけでだいぶ損をしている。してる。辛い。強かったら自由そう。
スゲー嫌な奴になってたんだろうな。
でもそれで、よくないけどよかったんだと思う。
僕は弱いからこそ芝居をしてるんだろう。

あ、今日稽古に行く途中小学1、2年生が駅のホームに5人くらいて1人の男の子が号泣しだしたんすよ。周りの子にからかわれて。そしたら目の前の子が爆笑ですよ。恐ろしかったー。すくんだね。
久しぶりに体がスカスカになった。


動くにしろセリフ言うにしろ人から受け取る、拾うってのは凄く繊細。一瞬で過ぎてしまう。
フローズンタイムって映画は面白かったな~
女と瞬間の話だった。

普段言えないことがセリフで言えるわけない。言えたとしてももっと苦しいはず。苦しいから言えないのに言えるならさらに苦しまないと嘘。
でもそれは自分か。
役って言う奴と自分との擦り合わせ。
そんな当たり前の事を思う。

破壊願望。
ドラゴンボールは気持ち良いだろうな。ドゥーンドゥーンつって。都会を空から撃ちまくりたい。
一直線の道路を歩いていてブワッと吹っ飛ばしたい。豪快に物を壊したいんだ。ドゥアッつって。
気持ち良いだろうな~

寝よう!



PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
| るー | top | ーー!! |
| 25 | 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
最新CM
[10/12 NONAME]
[01/18 松下]
[01/17 A]
[10/14 松下]
[10/14 たけした]
忍者ブログ [PR]
  /  Design by Lenny